神戸・明石のブランド子供服専門店 nanashi74(ナナシ)

【テンチョーコラム】私たちが暮らす街「HYOGO」のいいもの届けます~播州織から作られたmegulu~

本日は私たちの暮らす街、兵庫県が産地でもある「播州織」から作られたmeguluのガーデンパンツのSTORYをご紹介いたします。

当店で販売する~megulu~ガーデンパンツがどのように作られたのか。
昔と今がつながり、たくさんの人の手が加わり出来上がったパンツの物語をご覧くださいませ。



【播州織とは】

兵庫県西脇市を中心に生産されれている錦織物。
「先染め」された糸から作られる平織が有名で高密度に細い糸を織れるとこからシャツなどに使用されていることが多く、今でも有名ブランドの服地などに使用されています。
 「先染め」された布地は色落ちしにくく、洗うごとに柔らかく味が出てくる特徴があります。

 
【播州織のはじまり】

その歴史は古く、1792年(寛政4年)に初めての織機「長機」が製作されたことから播州織のストーリーが始まります。
今から約220年前に宮大工の飛田安兵衛が京都から持ち帰った技術を基礎として産声を上げました。以来、農家が閑農期の業として取り組み始めました。

昭和9年(1934年)4月11日の大阪朝日新聞
詳しくはこちら→神戸大学経済経営研究所 新聞記事文庫 絹織物業(6-183)


【播州織が出来るまで】

①テキスタイル・デザイン
先ずは作りたい布地をイメージして色・柄などをデザインしていきます。



②糸を染める


染める釜に入れるために専用のコーンに糸を巻き直します。

テキスタイルをもとに播州織の特徴でもある「先染め」を施します。

播州を流れる自然の恵み、川の水(軟水)を使用し糸の中心部分までしっかりと染め上げ、仕上げには何度も洗いを繰り返すことで織りあがった生地は独特の風合いを醸し出し、色落ちしにくくなります。
播州地区では江戸時代の中期から綿花栽培が盛んにおこなわれていたこともあり、綿花を材料とした綿100%の糸が多く使用されています。

写真はテスト用の染料。
数値を入力して色を混ぜて色を作り出します。



③染めた糸を織る
「整経」と言って基本となる経糸(たていと)を整える作業から始まります。
何百メートルもの長さの糸を織機に一本一本手作業でかけていきます。この時に本数や色を変えることでそれぞれのオリジナルの布地を作るベースとなります。
「整経」された経糸をセットし、緯糸(よこいと)を打ち込んでいきます。
この緯糸の折り込み方を様々にすることで平織やジャガード織などが出来上がってきます。



④加工する

播州織の糸は細い糸を使うため、経糸にのりをつけて硬くして折るのが一般的。
加工場ではのりを落としたり、風合いを出したり、生地の表情を決める最後の工程を施します。
  



様々な工程を経て降りあがった布たちが眠っている倉庫の様子がこちら


そしてmeguluのデザイナーが産地に赴き、色々な職人さんから「この布地で何かつくれないか?」と声をかけられた布地を持ち帰り、パタンナーやデザイナーたちの意見を交えながら試作を重ね出来上がったのがガーデンパンツです。




そして~megulu~のガーデンパンツには、もう一つのストーリーが刻まれています。

試作が出来上がり、ウエスト部分の紐を最後に結ぶとき「ここにもオリジナリティが欲しい」と感じ播州織の職人さんに相談しに行きます。

すると「繊維工場にどうしても出てしまう廃棄される糸があるから、それを使って自分たちで編んだらいい」と編み方を教えていただきオリジナルの紐が出来上がりました。

この紐は現在、須磨にある障がい者施設の中で障がいを持った方々が 色とりどりの糸の中から想い想いに組み合わせ、紐を編んでくれています。
 
 
倉庫で眠っていた播州織に新しい命をふきこみ、生活の中で愛されるものを提案したい。
同じ布地でも、結ばれる紐の色は違う。そんな些細な部分に個性やオリジナリティが宿っています。
糸の染色、機織り、加工、縫製、編み紐。
ひとつ一つの工程で人の手からうまれる偶然性がmeguluというブランドの根源であるとデザイナーは語ります。

量産することはできませんが、想いのこもった一期一会のパンツをお楽しみください。

Photo by:TRUNK DESIGN

ブログで掲載している商品は、WEBSHOP でもご購入いただけます。
■決済方法■
クレジットカード・代金引換・銀行振込がご利用いただけます。
nanashi74-Line公式アカウントaddfriends_ja
※新着情報やクーポン券の配布など行っております。
nanashi74-Facebookページ
※ブログの更新情報・イベント告知・おススメ商品のピックアップなどの配信を行っております。
nanashi74-インスタグラム】 Instagram